1基本釋義

不完全燃燒
英文incomplete combustion;imperfect combustion,舊稱「未安全燃燒」。指燃料的燃燒產物中還含有某些可燃物質的燃燒。按發生原因的不同,有化學不完全燃燒和機械不完全燃燒兩種。前者指在燃燒產物中尚殘存有一氧化碳、氫、甲烷等可燃物質;後者指一部分燃料在燃燒設備內未能參與燃燒,而以煤核、炭粒、油滴或積焦的形態出現。
發生不完全燃燒時,由於燃料未能將可以放出的發熱量全部釋放,不僅造成了燃料的浪費,而且還會污染環境,故在燃燒設備中應盡量避免不完全燃燒。導致不完全燃燒的原因很多,主要有燃料與空氣配合不當(即過量空氣係數太小或太大)、燃料品種與燃料設備不相適應、燃燒塊煤時燃料在爐篦上分佈不勻、燃燒煤粉時燃料在爐篦上分佈不勻或煤粉與空氣(二次風)混合不好、液體燃料常因霧化質量欠佳而使燃燒溫度過低或過高、燃料在燃燒設備內停留的時間過於短暫等。

2同名歌曲

歌詞
該歌詞直接取自LRC,漢語部分是網友的翻譯
不完全燃焼なんだろ?〖這是不完全燃燒吧?〗
そうなんだろ?そうなんだろって?〖是那樣吧?就是那樣?〗
操縦不可能なんだろ?〖不可操縱的吧?〗
野放しだろ?終われないんだろ?〖放任它吧?沒完沒了吧?〗
開封されてく感情〖逐漸釋放的感情〗
一體なんの前夜祭なんだって?〖到底是什麼的前夜祭典?〗
崩壊寸前なんだろ?〖搖搖欲墜了吧?〗
止まれないんだろ?泣きたいんだろ?〖阻止不了吧?很想哭吧?〗
誰もいない最終バス〖空無一人的末班車〗
一番後ろの席を選んでも〖就算選擇坐在最後一排的座位〗
現実感がなくって〖也毫無現實感〗
窓に殘される間の抜けた顏に〖看著窗前那愚蠢的側臉〗
嫌悪するばかり〖充滿無盡反感〗
飲みかけのペットボトル〖沒喝完的塑料瓶里裝著的〗
なまぬるい水が〖不冷不熱的水〗
根腐れかけてた頭の中まで追い打ちかける〖想比追擊到腐爛化的腦袋裡的〗
運命よりも優位に立ちたいのに〖命運處於更優勢之位〗
不完全燃焼なんだよ〖這就是不完全燃燒〗
このセッションは最初から〖這場會議從最初開始〗
仆に主導権なんてなくて〖根本沒有我的主導權〗
変幻自在に見えるだろ?〖看似很變化無常吧?〗
操縦不可能なんだよ〖其實不可操縱的〗
予想外に際立つ力を〖這份意外突出的力量〗
「可能性」と呼ぶのだけは〖唯獨稱其為「可能性」這一點〗
やめてくれ  やめてくれ〖請別這樣做  請別這樣做〗
バス停に落ちていた〖應當守護好〗
大切な人をきっと守ってたはずの〖丟落在車站上的重要之人的〗
鈴の音が泣いた〖鈴鐺哭聲響起〗
誰に責められた訳でもないのに〖我明明沒有受到別人的指責〗
橫道に逸れた〖卻偏移到歧路〗
タフになるのにもっと理由が欲しいよ〖我已夠堅強了卻想要更多理由〗
無難にやってく術も知らなくて〖連妥當行事的方法也不知道〗
何処で微笑っても〖不管在哪裡微笑〗
まるで抜け殼?だと呼ばれてしまうね〖都會被別人說成"掉了魂似的"吧〗
不完全燃焼なんだよ〖這便是不完全燃燒〗
意思表示なら手短かにやれよ〖有意見的話請簡短直白地說吧〗
プロセスと結末にもう〖程序和結果都好像〗
愛想つかされてるみたいだ〖已經被人嫌棄一般〗
崩壊寸前なんだろ?〖搖搖欲墜了吧?〗
「厄介者」と呼ばれたらむしろ〖被人稱呼為「累贅」〗
褒め言葉より最大のディフェンスだ〖反而是表揚話中最大的防守〗
ディフェンスだ〖就是防守〗
Blackness  Blackness・・・・・
感情の不利幅が大きすぎる〖感情的不利度過於龐大〗
動かされる者〖受影響之者〗
その逆にそびえ立つ者の〖反過來則崇高之者的〗
存在がある〖存在地〗
存在がある〖存在地〗
不完全燃焼なんだよ〖這就是不完全燃燒〗
このセッションは最初から〖這場會議從最初開始〗
仆に主導権なんてなくて〖根本沒有我的主導權〗
変幻自在に見えるだろ?〖看似很變化無常吧?〗
操縦不可能なんだよ〖其實不可操縱的〗
予想外に際立つ力を〖這份意外突出的力量〗
「可能性」と呼ぶのだけは〖唯獨稱其為「可能性」這一點〗
やめてくれ〖請別這樣做〗
不完全燃焼なんだろ?〖這是不完全燃燒吧?〗
そうなんだろ?そうなんだろって?〖是那樣吧?就是那樣?〗
操縦不可能なんだろ?〖不可操縱的吧?〗
そうなんだろ?そうなんだろ?〖是那樣吧?是那樣吧?〗
開封されてく感情〖逐漸釋放的感情〗
そうなんだろ?そうなんだろって?〖是那樣吧?就是那樣?〗
崩壊寸前なんだろ?〖搖搖欲墜了吧?〗
やめてくれ〖請住手〗
やめてくれ〖請住手〗
上一篇[探候]    下一篇 [探訊]

相關評論

同義詞:暫無同義詞