標籤: 暫無標籤

松尾 早人(matuo hayato まつお はやと)(1965年8月13日-),日本作曲家,生於千葉縣。東京藝術大學音樂學部作曲科畢業后投身於日本動畫界及電視遊戲界,為數多影視作品作曲或管弦樂配器,當中較為有名的包括皇家騎士團、最終幻想XII、莎木系列及魔法騎士,現在所屬製作公司為IMAGINE。美國電影作曲家傑里·戈德史密斯的愛好者,另外亦受到英國樂隊Yes及ELP的前衛搖滾影響。以下是日文網站的介紹,更詳細些。東京芸術大學音楽學部作曲科で野田暉行、南弘明に師事、大學在學中より頭角を現す。1990年、松尾は芸大で行われた日本映像學會の第16回大會における実験コンサートに芸大作曲科チームの一員として作品を出品しているが、この時の他の出品者は南弘明、松本日之春、西岡龍彥、岩崎真、千住明、中川善裕といった錚々たる面々である。これは彼がその才能を高く評価されていたことを示す端的な證拠だろう。同年にはNHKスペシャル『正倉院』の音楽製作(作曲は牟岐禮)にも參加し、シンセサイザーを擔當している。そのほか異色のインストバンド「G-クレフ」にピアノ、シンセサイザーで參加。彼らのサードアルバム『キッストゥフェンス』では、アルバム製作中に本來のピアノ擔當者である榊原大が交通事故で負傷したこともあり、彼らの代表曲「マタニティウーマン」「ダンディベア」を含むかなりの曲に松尾が関わっている。フォースアルバム『ハッピーボックス』では、「アンブレラロマンス(すずらんの少女)」という曲を提供した。ちなみに落合徹也は『伝說のオウガバトル』のイメージアルバム、『ハーメルンのバイオリン弾き』のCDブックに參加、松尾は落合のソロアルバム『粗品』に參加している。すぎやまこういちと知り合ってからは、ゲームのBGMの仕事を紹介してもらったり、すぎやまの曲の編曲を任されたりしていた(現在も松尾は、すぎやまの重要なパートナーである)。スーパーファミコン『伝說のオウガバトル』をプレイした田中公平が松尾の音楽を気に入り、アニメ業界にスカウト。音楽作家事務所イマジンへ入ってから、アニメのBGMや緒方恵美のCDの作編曲も手掛けている。緒方のアルバム『多重人格 multipheno』は松尾がトータルプロデュースを擔當した。イマジン所屬の他の作家同様、田中の曲の編曲を擔當することもままある。オーケストレーションに卓越した手腕を示し、壯大で劇的なシンフォニックサウンドを生み出すのを得意とする。そのため歌曲の編曲においても、松尾はしばしばオーケストラを用いている。一方で大學時代よりコンピューターに親しんでいたため(松尾が師事した南弘明は電子音楽の重鎮であり、電子音楽法を教授していた)、打ち込みによる楽曲も多い。映像音楽のマニアであり、特にジェリーゴールドスミスのファン。田中は松尾とゴールドスミスの親近性を指摘している。キースエマーソン、リックウェイクマン等のプログレッシブロックも好きで、小學生時代にEL&Pの『タルカス』を3か月かけてコピーしたという逸話を持つ。こうしたプログレの影響を感じさせる曲もかなり見受けられる(緒方の「Drive on the Milkyway」 などは好例)。ゲイ少年の「目覚め」をテーマにした緒方の曲「カミングアウト」では松尾に台詞が割り當てられており、彼の渋い美聲を聞くことができる。その台詞はつぎのようなものである。「オイ、飲みに行こう」。夫人は作曲家の三俁千代子(現在、松尾姓)。すぎやまの曲の編曲を夫婦で擔當することもある。

相關評論

同義詞:暫無同義詞