標籤: 暫無標籤

歡歡仙子歡歡仙子

1 歡歡仙子 -內容介紹

  仙子王國的小公主歡歡年滿十二周歲時,舉國上下在彩虹谷舉行了盛大的舞會。遵照仙子王國的的規定,歡歡要成為王位的繼承人,必須要下凡修行,擔任散播幸福種子給人間的使者。而彩虹谷的花色是人世間幸福的測量計,當世間人類得到真正幸福時,花色便由青色恢復彩虹的七彩。歡歡仙子下凡后,結識了許多人類朋友,並且和好朋友一起經營哈普姑媽的"幸福商店",把幸福源源不斷地散播出去……

  12歳の誕生日を迎えた魔法の國のプリンセス・ミントは、王家のしきたりで、「魔法のエンジェル」として修行に旅立つことになりました。人間界に住むパパのお姉さん・ハーブおばさんのお店「しあわせショップ」で過ごすことになったミントは、人々に本當の幸せを屆けてゆくのでした。食いしん坊のお供・ワッフルを連れて、不思議な力を秘めた魔法のステッキとブレスレットで変身し、人間界の困っている人達に幸せの種をまき、魔法の國の虹色の谷に咲く花の色を取り戻す為、幸せのトッピングをふりまきます。

2 歡歡仙子 -登場人物(聲優)

  ミント(歡歡):笠原弘子

  魔法の國の姫。12歳。人間界にいる間は通學していないと思われる。(人間界での修行が會社でいう研修旅行にあたると思われる。)身長148cm、體重37.5kg。スリーサイズは、バスト67cm、ウエスト53cm、ヒップ71cm。誕生日は魔法暦24721年8月16日。(魔法國家的公主。 12歲。沒有上學的預期。 這將意味著屬於實踐間界人士參觀考察。身高148厘米,體重37.5千克。測量胸圍67厘米,腰圍53厘米,臀圍71厘米。生日8月16日8月24日721日魔法歷)

  本籍は、魔法の國1丁目1番地、住所(居候先)は、おどろきもものきタウン5丁目13番地の11。好きなものは苺のショートケーキ、嫌いなものは皮蛋(ピータン)。純粋な心を持ちやさしくてかわいらしいところ。母親譲りのおてんばなほど元気がよい。わがままなところが難點。(第6話でミントが「ナッツって本當に家庭的よね。」といったところで、ハーブおばさんに「まったく誰かさんとは大違いだね。」と指摘される原因である。)極度の方向音痴。素っ頓狂なところあり。(前述の「ミントの名言(迷言)」でもわかるとおり、よく奇妙な言動をやらかす。) 婚約者またはいいなずけがいるとの情報あり。(第45話の「小さな彼がやってきた」の可能性あり。) (住所是魔法國的一丁目,地址是11 13 5丁目城市突擊數量來大腿。像草莓蛋糕,仇恨的松花蛋(松花蛋)。我有一個溫柔的心純粋漂亮。關於做母親的好憂心忡忡讓路。難點是自私連勝。 (在造幣廠第六故事:「我們真的非常瘋狂的家庭。」至於,藥草夫人「,它不是在所有違偉大頑皮。」據說是原因。)極度方向感的。有會頓狂的首要場所。 (以上「的薄荷(令人不安的言論)」正如你可以看到它,報價拉了一個很奇怪的動態字。)未婚夫是在該資料或婚禮約者。 (第45屆故事「,他就一點點」可能。))

  所持品は、ミントステッキ、ミントコンパクト、ミントアロー、星の耳用アクセサリー、星のネックレス。呪文は「パリエルレムリンスイートミント」。相當の大食いで、朝からハンバーガーとポテト、その上におやつとしてクッキーまで食べる。挙句の果てにはヤケ食いをすることも。

  初期の設定においては、感謝の心を忘れがちな少女として設定、娘の行く末を心配した王様が魔法を抑えさせた上、人間界に追放するというところから始まるところであった。魔法のトッピングステッキ(ブレスレットが変形)を所有。魔法の國に帰るべく、そのブレスレットの「サンクス・メーター」に「ありがとう」のエネルギーを貯めるというものであった。

  ワッフル:渕崎ゆり子

  ミントのペットで、空飛ぶ手乗りペンギン。ポケットがある(第29話ではミントの魔法で小さくなったプラムを入れたことがある。(シュリンカー、こおなご參照のこと)/クッキー1枚あたりは入ると思われる。)鳴き聲は、初登場シーンのみ「クッピー」(正確には「クッピーペンペン」)、前半あたりでは「ペンペン」、後半あたりでは「ピンピン」。動物の言葉がわかる。(そのためペポリンと會話ができる。)ミントとのコミュニケーション手段においては、ミントは魔法を使って會話ができる。名前の由來は、ミントがワッフルのお菓子が好きだったということで、名づけられた。(第32話より)ミントが5歳のときに拾われた。(そのままペットとして飼われている。)

  初めて企畫書に盛り込まれた段階では「ポップル」という名前であり、かつ當初はペンギンではなかった。

  ナッツ:玉川紗己子

  ミントの友人。12歳。趣味は読書。特技は料理。性格は家庭的であり、比較的おだやかなところある。いざというときの決斷力はプラムよりも上のように思われる。ただし、他の人がバカにされているときに平気で笑うときが多い。(ややもすれば性格悪いのかもしれない。)

  初期の企畫書での設定では「魔法のシンセサイザー(ブローチが変形)を所有」とあった。(最終的には、設定からはずされる。)

  プラム:佐々木望

  ミントの友人(初めてできた友人)。年齢の詳細な設定は不明。(體つきや思考から推察して、おそらくミントやナッツと同じ12歳と思われる。)高所恐怖症であり、可愛い女性には目が無いという軟派なところありなど、マイナスなところが目に付きがちである。第44話ではナッツにうっかりバストタッチをやらかしてはしばかれる。第28話でもバストタッチをやらかす。

  しかしミントが警察官とトラブルになったところを、機転を利かせて助け出すなどいざというときの決斷力があると思われる。(ナッツには劣るが…。)スポーツとのかかわりは、トアルナイツの一員(背番號3)であるが、かなりの運動音痴である。しかし、スキーだけはなぜかうまい。

  初期の企畫書での設定においては、クルミという女の子キャラクターであった。かつ「魔法のペンダントを所有」とあった。(最終的には、設定からはずされたうえ、現行の男の子キャラクターとなった。)

  タクト:渕崎ゆり子

  6歳。何にでも興味を示すいたずら好きのわんぱく小僧。しかしながら実は幽霊が大の苦手。なぜかミントの魔法を秘密にされている。ミント・ナッツ・プラムの3人組が行動するときは同行させてもらえないことが多い。発明家のトーマス博士と仲良し。

  ハーブおばさん:丸山裕子

  ミントの父方のおば(父の姉)で、幸せショップの経営者。53歳。呪文は「プリプリウインクマイルドハーブ」。

  初期の企畫書での段階では、人間界の者と結婚していることになっていた。どういういきさつで人間界で住むことになった理由が不明。(前述の設定から次々と変更を重ねたためではないかと思われる。)

  王様:辻村真人

  本名はスイートコーン。ミントの父にして魔法の國の國王。46歳。厳しいながらうっかりもの。言い出したら聞かない頑固なところあり。(ハーブおばさん談。(第44話より)こういう性格がたたって、第21話で夫婦喧嘩になって結果、妻である王妃様が家出する原因にもなった。)しかし親ばかなところあり。呪文は「スイースイスイダラダッタスイートコーン」。第44話でミントが魔法に頼りすぎだとして(後述でも觸れるが、プリンに目撃されたことで)、魔法を使えなくさせた。

  王妃様:滝沢久美子

  本名はライム。ミントの母にして魔法の國の王妃。36歳。おしとやかそうに見えるが、娘のミント同様かなりのおてんば。人間界では17歳の女の子に変身して、映畫のヒロインにまでなる。(第21話より)。呪文は「ラビルスレビルスライムシャワー」

  トラッディー:伊井篤史

  ミントのことをやさしく見守る魔法使い。人間界と魔法の國を自由に行き來することができる。第26話からのレギュラー

  デイジー:中村ひろみ、深雪さなえ、西原久美子

  タクトのガールフレンド。タクトに一方的な誘いの言葉をかけられるたびに困惑する。

  ビネガ:緒方賢一

  ミントの父方の祖父にして魔法の國の大王。第39話登場。ナッツの理想の男性。

  ペポリン:玉川紗己子

  ワッフルのガールフレンド。ピンク色のペンギン(色が珍しいことから悪い人に狙われる。)。鳴き聲は「ペギペギ」。家族は、父親および母親(南極に住んでいる)。第27話でナッツの帽子が風に飛ばされた。付き添っていたワッフルは、ミントたちとともにそれをとろうとしたところで出會った。出會って早々ワッフルは一目ぼれをする。第27話のゲストキャラクター

  ヤン:松田辰也(子供時代は江沢昌子)

  ナッツの幼なじみにしてボーイフレンド。趣味は天體観察。第46話および第47話のゲストキャラクター。トナリタウンのパン屋の息子。

  プリン:山田妙子(現・川田妙子)(DVD版では「小田妙子」とあるが、間違いと思われる。)

  ミントが魔法で雲に乗って空を飛んでいるところを目撃。自分も飛びたがる。(これがミントが父親であるスイートコーンの逆鱗に觸れ、一時魔法を使えなくさせられる。)プラムが、かなり面倒を見てくれているので、それを見たナッツがプリンのことを「(プラムの)未來の花嫁さん」呼ばわりをする。(その後のプラムの対応がミントにあたかも戀愛的な好意を抱いていると茶化される。本當かは不明。)第44話のゲストキャラクター。

  サバラン先生:安部敦

  ミントが診てもらった醫師(魔女熱にかかったため。(架空の病気一覧參照のこと。))第2話のゲストキャラクター。ナッツの好きな人(ナッツがサバラン先生と話すたびに顏を赤らめる)。

  デニス:江沢昌子

  タクトの友人。めがねをかけている。第18話、第43話のゲストキャラクター。

  その他のキャラクター

  アッチ/マイク : 松田辰也

  アナウンサー/カントク/スピッツ/ポリスマン : 秋元羊介

  アル/グレアム : 松本梨香

  イアン : 亀井芳子/滝沢久美子

  エルム/木馬 : 高山みなみ

  クレア : 矢島晶子

  トーマス博士 : 不明

  ニッキー・マーブル : 関俊彥

  ピット/女の子C : 永堀美穂

  ボストン : 結城比呂(現・優希比呂)

  マギー : 滝沢久美子

  魔法使い : 斉藤昌

3 歡歡仙子 -製作團隊

  製作 : 佐藤俊彥

  企畫 : 嶋村一夫(読売広告社)

  構成 : ぶらざあのっぽ

  監督 : 大庭壽太郎

  キャラクター原案 : はばらのぶよし

  キャラクターデザイン : 都留稔彥

  美術監督 : 勝又激、海野よしみ

  色彩設定 : 小林美代子

  音響監督 : 藤山房延

  撮影監督 : 橋本和典

  編集 : 辺見俊夫

  音楽 : 戸冢修

  プロデューサー : 倉林伸介(テレビ東京)、大野実(読売広告社)、加藤博(葦プロダクション)

  協力 : スタジオルック、ドラゴンプロダクション

  製作 : テレビ東京、読売広告社、葦プロダクション

4 歡歡仙子 -OP&ED

  オープニング

  『不思議の國のスイートミント』

  歌:笠原弘子

  作詞:真名杏樹/作曲・編曲:三浦一年 エンディング

  『ミントの夢旅行』

  歌:笠原弘子

  作詞:真名杏樹/作曲・編曲:三浦一年

  鋼琴插曲:小奏鳴曲 C大調-OP36 NO.1

  作者:克列門蒂

上一篇[德魯亞加]    下一篇 [二白銼散]

相關評論

同義詞:暫無同義詞