評論(0

福島縣立醫科大學

標籤: 暫無標籤

福島縣立醫科大學,是於1944年建立,1950年開設大學教育的日本公立大學。大學的簡稱為「福島醫大」。

1 福島縣立醫科大學 -建學理念

福島県立醫科大學は、県民の保健・醫療・福祉に貢獻する醫療人の教育および育成を目的に設立された大學である。
同時に、研究機関として、不斷の研究成果を広く世界に問いかけるという重要な使命を擔っている。
 もとより醫療は、醫學と看護學が共に手を攜えて、すべてのひとのいのちと健康の問題に真摯に向き合い、その未來を拓く営為である。その基盤とすべきところは、個人の尊厳に対する深い配慮と、高い倫理性である。
 福島県立醫科大學は、以下に掲げることを本學の理念として、教育、研究および醫療を幅広く推進していくものとする。

1 ひとのいのちを尊び倫理性豊かな醫療人を教育・育成する。

2 最新かつ高度な醫學および看護學を研究・創造する。

3 県民の基幹施設として、全人的・統合的な醫療を提供する。

2 福島縣立醫科大學 -目的

本學は、広く一般教養を養い、醫學及び看護學に関する學理及びその応用を教授研究し、人格を陶冶し、社會の福祉と文化の向上発展に寄與することを目的とする。

3 福島縣立醫科大學 -歷史

本學は、昭和19年創設の福島県立女子醫學専門學校を基盤として、昭和22年に舊制醫科大學(予科)が設立されたことに始まる。その後、大學院・病院・附屬研究所などを逐次設置し、醫育及び研究機関としての充実をはかってきた。さらに、平成10年4月、幅広い領域で活躍できる看護専門職者を育成するために看護學部が開設された。現在は、醫學部1學年定員95人(総定員495人)、看護學部1學年定員80人(3年次編入學定員10人、総定員340人)、病院病床數778床、専任教員數396人となっている(H20.4.1現在)。
創立からの沿革は以下の通りである。

S19.01.10福島県立女子醫學専門學校設立認可
S22.06.18福島県立醫科大學予科(舊制)設置認可。醫科大學予科開設(學年定員40人)。
S25.04.01醫科大學(舊制)學部開設。本部、基礎醫學教室(解剖學・生理學・生化學・薬理學)を福島市三河北町に置く。基礎醫學教室(病理學・法醫學・衛生學・細菌學)、臨床醫學教室、附屬病院、附屬中央研究所を福島市杉妻町に置く
S27.02.20醫科大學(新制)設置認可
S27.04.01醫科大學(新制)開設認可
S30.01.20醫科大學進學課程設置認可
S30.04.01醫科大學進學課程開設(學年定員40人)
S33.04.01講座制を採用する
S34.10.31學位審査権附與
S36.04.29醫科大學大學院醫學研究科開設(定員25人)
S37.12.20學生定員増承認(學年定員40人を60人に)
S43.04.01進學課程は教養課程と名稱変更
S44.04.01大學院入學定員27人に
S46.01.12學生定員増承認(學年定員60人を80人に)
S58.09.16大學歌「光の鳥」制定
S62.06.01附屬病院福島市光が丘に移転
S63.04.01醫科大學本部その他の施設福島市光が丘に移転
H09.09.06開學50周年記念式典挙行
H09.12.19看護學部看護學科設置認可(學生定員80人)
H10.04.01看護學部看護學科開設
H12.03.31醫學部附屬看護學校閉校
H13.12.20大學院看護學研究科設置認可(入學定員15人、収容定員30人)
H14.04.01大學院看護學研究科開設
H16.04.01大學院醫學研究科再編整備(5研究課程を4専攻に再編、入學定員27人を37人に増員)
H18.04.01公立大學法人福島県立醫科大學設立
H19.12大學院醫學研究科醫科學専攻(修士課程)設置認可
H20.04.01醫學部學生定數増承認(80名を95名に増員)
大學院醫學研究科醫科學専攻(修士課程)開設(入學定員10人、修學年限2年)。
総合科學教育研究センター、醫療人育成・支援センターを新設

4 福島縣立醫科大學 -參考資料

http://www.fmu.ac.jp/index.php

相關評論

同義詞:暫無同義詞