標籤: 暫無標籤

萬葉假名(日文:萬葉仮名 まんようかな)是假名的一種,主要用作上一代的日本語表記漢字的音與訓所借用的文字,『萬葉集』是使用萬葉假名最有名的例子。現在,在地名、人名方面依然使用萬葉假名,「麻奈」「亜紀」(女性名)讀作「まな」(mana)「あき」(aki)。 一些難讀的地名如 「魚群」可讀作「なぶら」(nabura)或「なぐれ」(nagure)很多都是來自萬葉假名,一些常用語, 例如よろしく(夜露死苦)(yoroshiku), 難以根據漢字讀出發音,也以萬葉假名表示。

  
萬葉假名

萬葉假名定義

1 萬葉假名 -萬葉假名種類

  (1)借音假名借音仮名

  一個字用一個音節表記

  全用 以(い)、呂(ろ)、波(は)、?

  略用 安(あ)、楽(ら)、天(て)、?#12288;

  一個字用兩個音節表記

  信(しな)、覽(らむ)、相(さが)、?

  (2)借訓假名借訓仮名

  一個字用一個音節表記

  全用 女(め)、毛(け)、蚊(か)、?

  略用 石(し)、跡(と)、市(ち)、?

  一個字用兩個音節表記

  蟻(あり)、巻(まく)、鴨(かも)、?

  兩個字用一個音節表記

  嗚呼(あ)、五十(い)、可愛(え)、?

2 萬葉假名 -現代萬葉假名

  現在依然使用萬葉假名、特別在地名和人名方面比較多。「麻奈」「亜紀」(女性名)讀作「まな」(mana)「あき」(aki)。 一些難讀的地名如 「魚群」可讀作「なぶら」(nabura)或「なぐれ」(nagure)很多都是來自萬葉假名。此外, 一些常用語, 例如よろしく(夜露死苦)(yoroshiku), 亦是難以根據漢字去讀出發音,也以萬葉假名表示。

3 萬葉假名 -萬葉假名一覽(あ-ぞ)

  

萬葉假名一覽あ-ぞ
あ阿、安、婀、鞅、英 ・ 吾、足
い韋、為、位、威、謂、萎、委、偉 ・ 井、豬、居
う汚、有、宇、於、羽、鳥、紆、禹、雲 ・ 菟、鵜、卯、(盧鳥 を偏旁とする字)、得
え(ア行)衣、依、愛、亜、哀、埃 ・ 榎、荏、得
え(ヤ行)延、叡、曵、遙、要 ・ 兄、江、枝、吉
ゑ恵、廻、慧、衛、隈、穢 ・ 畫、咲
お意、憶、於、隠、飫、淤、応、乙
を乎、袁、遠、怨、呼、鳥、鳴、塢、椀、越 ・ 男、雄、緒、嗚、(口りっとう を偏旁とする字)
か加、架、賀、迦、嘉、可、何、河、哥、珂、柯、訶、舸、歌、軻、甲、汗、箇、介 ・ 蚊、香、鹿
が奇、宜、我、俄、峨、蛾、餓、鵝、何、河、賀
き(甲類)支、伎、岐、吉、企、枳、棄、耆、祗、祁 ・ 寸、來、杵
き(乙類)貴、紀、幾、帰、奇、寄、綺、騎、己、記、機、基、気、歸 ・ 木、城、樹、黃
ぎ(甲類)伎、岐、祗、儀、蟻
ぎ(乙類)疑、宜、義、擬
く久、玖、九、鳩、口、句、群、苦、丘、倶、區、勾、矩、(糸勾 を偏旁とする字)、衢、窶、(屐 の支を婁に替えた字)、君、訓 ・ 來
ぐ具、遇、隅、求、愚、虞
け(甲類)家、計、祁、奚、溪、鶏、価、啟、稽、結、介、價、賈 ・ 異
け(乙類)気、居、希、挙、既、戒、開、階、(りっしんべん豈 を偏旁とする字)、凱、概、該、慨、擧 ・ 毛、食、消、笥、飼
げ(甲類)下、牙、雅、夏、霓
げ(乙類)義、宜、礒、(旦寸 を上下に置く字)、皚、礙、礙 ・ 削
こ(甲類)古、故、姑、(示古 を偏旁とする字)、高、庫、狐、固、顧、枯 ・ 子、児、粉、籠、小
こ(乙類)己、許、巨、去、居、忌、虛、挙、(くさかんむり呂 を上下に置く字)、渠、拠、擧、據、興 ・ 木
ご(甲類)呉、胡、吾、後、虞、悟、誤、娯、五、候
ご(乙類)其、期、碁、凝、語、御、馭
さ沙、佐、左、作、散、紗、草、者、柴、積、娑、舎、差、瑳、磋 ・ 狹
ざ社、射、謝、邪、奢、裝、奘、蔵
し之、志、斯、子、芝、次、思、偲、寺、侍、詩、師、四、此、紫、旨、指、死、司、詞、事、時、資、矢、屍、伺、嗣、試、始、施、(施を 糸へんに替えた字)、璽、辭、色、式、信、新 ・ 磯、為、僧、石
じ自、士、仕、司、時、盡、緇、慈、耳、茸、珥、餌、児、弐、爾
す須、周、州、洲、酒、珠、數、寸、主、秀、素、(蒭 の芻を橫に並べた字)、輸、殊 ・ 棲、渚、酢
ず受、授、殊、聚、儒、孺
せ世、勢、西、棲、齊、剤、細、制、是 ・ 瀬、背、脊、湍、迫、狹
ぜ是、筮、噬
そ(甲類)蘇、祖、素、泝、宗、嗽、祖、巷 ・ 十、麻、磯
そ(乙類)思、曾、僧、増、贈、層、所、諸、則、(りっしんべん曾 を偏旁とする字)、賊・、衣、背、其、苑、襲、彼
ぞ(甲類)俗
ぞ(乙類)序、敘、存、賊、(金尊 を偏旁とする字)、茹、鋤

4 萬葉假名 -萬葉假名一覽(た-わ)

  

萬葉假名一覽(た-わ)
た多、侈、太、大、他、(施 を こざとへんに替えた字)、駄、黨、(口多 を偏旁とする字) ・ 田、手
だ(施 を こざとへんに替えた字)、太、大、騨、娜、嚢、(にんべん嚢 を偏旁とする字)
ち知、智、至、陳、致、(てへん致 を偏旁とする字)、苔、池、馳 ・ 千、道、乳、路、血、茅
ぢ治、遅、地、(膩 の弋を戈に替えた字)、尼、泥、(方尼 を偏旁とする字)
つ都、豆、頭、川、州、通、追、途、菟、屠、突、徒、覩、図、鬪 ・ 津
づ豆、頭、逗、図、弩
て弖、(氏一 を上下に置く字)、天、提、帝、諦、底、堤、題 ・ 手、代、価、直
で提、泥、代、伝、田、(泥土 を上下に置く字)、殿、低、耐、弟、涅
と(甲類)刀、斗、土、杜、度、渡、都、覩、図、屠、徒、塗、妬、圖 ・ 戸、門、利、聡、砥、礪、速、疾、銳、外
と(乙類)止、登、等、騰、台、苔、縢、藤、(登りっとう を偏旁とする字)、鄧、苫、澄、得 ・ 十、鳥、跡、跡、常、興、飛
ど(甲類)度、渡、土、奴、怒
ど(乙類)杼、騰、縢、藤、特、耐、廼
な奈、那、難、儺、寧、乃、南、娜 ・ 名、魚、七、菜、中、莫
に爾、(にんべん爾 を偏旁とする字)、邇、仁、二、人、日、尼、而、弐、耳、珥 ・ 丹、荷、煮、似、瓊
ぬ奴、農、濃、(くさかんむりに蘇 の更を豕に替えた字) ・ 沼、宿、寐、渟
ね(示爾 を偏旁とする字)、尼、泥、(泥土 を上下に置く字)、年、涅 ・ 根、宿
の(甲類)努、怒、弩、奴 ・ 野
の(乙類)乃、能、廼 ・ 箆、荷、笶
は波、破、婆、八、半、方、房、防、播、幡、(白番 を偏旁とする字)、薄、泊、巴、簸、伴、絆、(絆 を さんずいへんに替えた字) ・ 羽、葉、歯、者
ば婆、伐、麼、魔、磨、縻
ひ(甲類)、比、(田比 を偏旁とする字)、卑、必、臂、賓、嬪、避、譬、毘、辟 ・ 日、檜、氷、負、飯
ひ(乙類)非、斐、悲、肥、飛、被、彼、秘、妃、費、秘 ・ 火、樋、干、乾、簸
び(甲類)(田比 を偏旁とする字)、妣、鼻、婢、彌、弭、寐、毘
び(乙類)備、肥、眉、媚、縻、傍
ふ不、布、敷、富、負、府、符、甫、輔、赴、浮、否、賦 ・ 経、歴、乾
ぶ夫、父、部、扶、歩、矛、(驚 の 苟を矛に替えた字)
へ(甲類)俾、敝、弊、幣、蔽、覇、遍、陛、平、反、返、弁、辨、(革卑 を偏旁とする字)、(鼓卑 を上下に置く字)、(弊犬 を上下に置く字) ・ 部、辺、重、隔、伯、方、邊、畔、家
へ(乙類)閇、倍、陪、拝、沛、杯、背、俳、佩、閉、拜 ・ 戸、経、綜、(瓧 の十を缶に替えた字)、瓮、缶、甕、(缶瓦 を偏旁とする字)、經
べ(甲類)弁、辨、便、別、謎、婢、(鼓卑 を上下に置く字)
べ(乙類)倍、陪、毎、謎
ほ保、富、菩、寶、寳、本、番、蕃、朋、倍、陪、抱、袍、方、報、(褒 の保を臼に替えた字)、褒、譜 ・ 火、穂、帆
ぼ煩、菩
ま萬、馬、末、麻、磨、摩、魔、麼、満、(くさかんむり奔 を上下に置く字) ・ 真、間、目、信、鬼
み(甲類)美、彌、民、(さんずい眉 を偏旁とする字)、弭、寐、彌、敏 ・ 三、見、御、水、參、視、眷
み(乙類)未、味、尾、微 ・ 身、実、箕、實
む牟、武、無、無、模、務、謀、(にんべん舞 を偏旁とする字)、鵡、霧、夢、茂 ・ 六
め(甲類)売、馬、(口羊 を偏旁とする字)、面、迷、謎、綿、賣 ・ 女、婦
め(乙類)米、迷、梅、味、妹、毎、未、(王毒 を偏旁とする字)、晩 ・ 目、眼、海藻
も毛、母、茂、望、文、蒙、忘、畝、門、問、聞、悶、勿、木、暮、謀、慕、模、謨、梅、墓、(くさかんむり奔 を上下に置く字) ・ 裳、藻、哭、喪、裙
や夜、移、也、耶、野、楊、陽、益、椰、揶、(王耶 を偏旁とする字) ・ 屋、八、矢、箭
ゆ由、游、喩、逾、愈、臾、(廣臾 を組合わせた字)、油 ・ 弓、湯
よ(甲類)用、容、欲、庸、遙 ・ 夜
よ(乙類)余、與、已、予、餘、預、譽、興、譽、(矛象 を偏旁とする字) ・ 世、代、四、吉
ら良、浪、羅、邏、(口羅 を偏旁とする字)、(てへん羅 を偏旁とする字)、(しんにゅう蘿 を組合わせた字)、樂
り利、里、理、隣、梨、(口利 を偏旁とする字)、離、釐
る留、流、琉、類、瑠、婁、樓、(屍婁 を 組み合わせた字)、漏、盧
れ禮、列、例、烈、連、黎、戻
ろ(甲類)路、漏、盧、魯、露、樓、婁、樓
ろ(乙類)呂、里、侶、慮、廬、稜、閭、勒
わ和、宛、(さんずい宛 を偏旁とする字)、倭 ・ 丸、輪
(施 を こざとへんに替えた字)、太、大、騨、娜、嚢、(にんべん嚢 を偏旁とする字)

上一篇[以備萬一]    下一篇 [古今和歌集]

相關評論

同義詞:暫無同義詞