標籤: 暫無標籤

目錄

藤原 道隆(ふじわら の みちたか、天暦7年(953年) - 長徳元年4月10日(995年5月12日))は、平安時代中期の公卿。藤原北家、摂政関白太政大臣・藤原兼家の長男。官位は従一位・摂政関白內大臣。

1系譜

父:藤原兼家
母:藤原時姫 - 藤原中正女
妻:高階貴子(?-996) - 高階成忠女
三男:藤原伊周(974-1010)
長女:藤原定子(977-1000) - 一條天皇皇后
四男:藤原隆家(979-1044)
二女:藤原原子(980?-1002) - 三條天皇女御
男子:隆円(980-1015) - 延暦寺権大僧都、號:小松僧都
三女:藤原頼子? - 冷泉天皇皇子敦道親王室
四女:一條天皇御匣殿(985?-1002)
妻:藤原守仁女
長男:藤原道頼(971-995) - 藤原兼家の養子
妻:伊予守奉孝女
男子:藤原周家
男子:藤原周頼(?-1019)
妻:藤原國章女 - 藤原兼家妾の対の御方と同人
五女:藤原妍子女房
妻:橘清子(橘典侍)[2] - 一說に橘好古の娘
男子:藤原好親
妻:不詳
二男:藤原頼親(972-1010)
女子:平重義室
上一篇[章子]    下一篇 [永磁合金]

相關評論

同義詞:暫無同義詞