標籤: 暫無標籤

鬼束千尋(Onitsuka Chihiro),80後日本女孩,是於2000年2月份才初出道的創作歌手。

1 鬼束千尋 -簡介

鬼束千尋鬼束千尋

鬼束千尋(Onitsuka chihiro)是於2000年2月份才初出道的創作歌手。雖然僅僅發行三張單曲,但是詞曲意境充滿著慈悲心與包容力,擺脫了個人而走入人間.鬼束千尋的音樂創作取向非常寬廣,第一張單曲シャイン則偏向現今日本樂壇流行的Rhythm & Blues 節奏藍調音樂。

鬼束千尋自幼受其雙親影響,在西洋音樂的伴隨下成長,而個人主觀的音樂意識則是在中學時期逐漸形成。到了高中時代更是受了Jewel Kilcher(珠兒)心靈音樂的衝擊而確定了未來音樂的方向與定位。鬼束千尋在高中畢業之前,參加日本維京音樂(Virgin Tokyo)舉辦的第三次公開試唱會中脫穎而出.榮獲最高的評價(Grand Prix得獎人,因此.1999年高中畢業之後.隨即赴東京開創個人音樂創作生涯.根據鬼束千尋的口述.是在高中二年級時,1997就是年Jewel Kilcher(珠兒)日本巡迴演唱會時,受其音樂影響而開啟個人的音樂人生.就連目前個人首張專輯insomnia(失眠)也希望與1995年Jewel Kilcher(珠兒)首張專輯Pieces Of You (破碎的你)看齊,追求靈魂得以慰藉的聲音。

鬼束千尋(Onitsuka Chihiro)至今發行的所有作品皆這她個人所創作.除了豐富的音樂性之外,歌詞意境更是神秘詭異.以第二張單曲。月光 這例:她不斷地引用批判的觀點來強調:I am God`s child . 這個已陷於腐敗的世界中。How Do I Live On Such a Field? ,I Can`t Hang Out This World ,句句都代表著對於現實世界的完全否定,強烈的歌詞宣洩著對於周遭世界的不滿.希望藉由逃避來暗示對於世間的無奈。尋求自身的存在感.鬼束千尋的歌總是陰暗面勝過光明面.但是陰暗與光明並非相對,而是希望藉由陰暗面來引喻出欲追求的神聖與抽象中的幸福。

鬼束千尋的音樂受其成長過程所影響,她所喜好的哲學觀,詩詞感受充分表現在個人的音樂創作中.鬼束千尋自嘲自己是個笨拙的人,在求學過程中總覺得學校生活就象是牢籠.令她窒息,渴望尋求一個不存在的虛擬形象來擺脫現實生活,也因此在歌詞中常使用God ,神樣。這自己尋求解脫.鬼束千尋的愛情觀是喜歡正直,誠實的男孩,認為男孩子流淚是性情的自然表露,刻意逞強反面令她厭惡。

她之所以受到各界討論的原因,在於那神秘形象與別人無法取代的創作風格。個性稍沉默寡言的她,從不迎合毫無興趣的事物,但對於自己感興趣的事永遠全力以赴.她的音樂來自內心淺藏的本能,那毫無算計過的曲風,令人深深感動難以忘懷。尤其她總是能建構出詩人一般的詞境,擁有貫穿任何世代的魔力,卻又充滿慈悲的包容力,於是在日本樂團建立起獨一無二的鮮明形象。

2 鬼束千尋 -概況

鬼束千尋鬼束千尋

喜歡的飲料:可樂
座右銘:愈挫愈奮 再接再厲
最喜歡的一句話:疾風怒濤
喜歡的服裝品牌:Milkfed
家庭成員:父・母・弟・妹,自身是長女
事務所:
MELODY STAR RECORDS(2000年 - 2004年)
Sony Music Artists(2004年 - 2005年)
NAPOLEON RECORDS・烏龍舎(2007年 - )
其他:喜歡的歌手:珠兒、寶拉寇兒、卡洛金、瓊妮米雪兒、艾拉妮司莫莉賽特
藝人自述:藉由自己內心的動物本能發揮出來的實力,那種「本能的天分」讓人驚異.【專輯】

3 鬼束千尋 -成長經歷

幼少から、音楽好きの両親の影響で(特に母親の影響が強い)洋楽に觸れる。小學2年生の時に友達に誘われてエレクトーンを習い始め、中學3年生の時まで習い続ける。

中學時代に母親にカーペンターズのベストアルバムを聴くよう勧められてから音楽に興味を持つ。以降は外國人女性シンガーソングライターの楽曲を中心に洋楽を主に聴くようになる。

高校2年生の時にジュエルのアルバム『心のかけら』によってその音楽と存在に衝撃を受け[4][19][7](後に自身はライブやテレビでジュエルの楽曲「Foolish Games」「You Were Meant For Me」をカバーしている)、その瞬間からシンガーソングライターを志す。17歳の時に、文化祭でエイズに関する劇をやった事に感化され、初めての楽曲「call」を作る[1][18][7]。以降デビュー決定後までは全て英語詞で楽曲を作る(當時作った「call」や「edge」などの曲は日本語詞で、「NOT YOUR GOD」は英語詞のままで、それぞれデビュー後にCDに収録される)。

高校3年生に進級してすぐ、オーディション雑誌『De-view』(オリコン・エンタテインメント刊)を読み、當時のマネジメント會社のMELODY STAR RECORDSが主催の「Virgin ARTIST AUDITION」のオーディションを受ける。そこで「call」を披露、才能を評価され、グランプリを受賞[1]。學校の閉塞感や同調を強制させるシステムにもともと嫌悪感を抱いていた事や、歌手志望のために大學受験をする気がなかった事等から、高校3年生の頃は學校へはほとんど行かなかったという[1][7][54]。

1999年

鬼束千尋鬼束千尋

3月 宮崎より上京し、作曲活動に入る(「We can go」、「シャイン」、「月光」、「シャドウ」などはその當時に作られた)。

10月 シングル「シャイン」 のレコーディングに入る[55]。

2000年
2月9日 シングル 「シャイン」で東芝EMI・Virgin TOKYOよりデビュー[56]。

2月10日 フジテレビ系 「めざましテレビ」 でTSUTAYA渋谷店インストアライブの模様が放送され、テレビ初登場。

8月9日 2枚目のシングル「月光」発売。テレビ朝日系ドラマ 「TRICK」の主題歌になり、ロングヒット。約60萬枚のセールスを記録する。

9月8日 監督を手掛けた堤幸彥の依頼により、ドラマ 「TRICK」 最終話エンディングのシーンに出演し、主題歌「月光」を歌唱する。

2001年
2月16日 テレビ朝日系 「ミュージックステーション」 出演の際、ハムスターをベランダで凍死させてしまったというエピソードを語ったところ、ネット上を中心にトークの內容と言動に非難が殺到。放送翌週の2月23日に當時の所屬事務所であるMELODY STAR RECORDSよりトークに関する聲明文が発表される事態にまで発展する。

3月7日 初のアルバム 「インソムニア 」発売。約150萬枚のセールスとなるミリオンセラーを記録する。同日、ニッポン放送 「鬼束ちひろのオールナイトニッポンR 」で初の単獨パーソナリティーを務める。

4月10日 初のライブツアー 「CHIHIRO ONITSUKA LIVE TOUR 2001」 をBIG CATの公演で開始。後にWOWOWでライブの模様が放送される他、一部はDVD「CRADLE ON MY NOISE L*I*V*E 〜LIVE INSOMNIA VIDEO EDITION〜」 にも収録される。

9月11日 アメリカ同時多発テロ事件が発生。4日前の9月7日に5枚目のシングル「infection/LITTLE BEAT RIFLE」が発売されたばかりであったが、「infection」の歌詞の內容に事件を予見していたかのようなフレーズがあるということから、事件から2日後の9月13日に東芝EMIより楽曲のプロモーションを自粛するという聲明文が発表される。プロモーション活動は約1ヶ月半自粛され、プロモーションビデオも放送されず、代わりに両A面となっていた「LITTLE BEAT RIFLE」で同作品のプロモーション活動を行うこととなる。

9月21日 NHK「トップランナー」に出演。番組內で初めてジュエルの楽曲「Foolish Game」をピアノ弾き語りでカバー。

12月 台灣の歌手である劉虹嬅のアルバム「好好愛我」収録曲の「月光」を書き下ろしで提供する(自身の代表曲である「月光」とは無関係)。他アーティストへの楽曲提供は初。日本のファンからは「台灣月光」として話題となる。

12月31日 4枚目のシングルとして発表した「眩暈」で、第43回日本レコード大賞作詩賞を受賞する。

2002年

鬼束千尋鬼束千尋

2月2日 「螺旋」が挿入歌として使用されたリュック・ベッソン監督、ジャン・レノ主演の映畫『WASABI』公開。

2月9日 友人のバイクに同乗していた際、バイクが自動車と接觸して橫転、軽傷を負う。

3月13日 アルバム「インソムニア」が日本ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。同日、ニッポン放送『鬼束ちひろのオールナイトニッポンR』が放送される。

3月25日 2度目のライブツアー「CHIHIRO ONITSUKA 'LIVE VIBE' 2002」を渋谷公會堂の公演で開始。4月初頭、過労による急性腸炎を発症し、大阪と仙台の2公演を延期し、ツアー終了後は休養を挿む。

11月5日 日本武道館ライブ「CHIHIRO ONITSUKA ULTIMATE CRASH '02」で活動を再開する。

11月30日 テレビCF初出演となるKENWOOD企業CM「心ヲ揺サブルモノ 心ヲ満タスモノ」編が放送開始。

2003年

1月3日 NHK総合にて初のドキュメンタリー番組「ARTIST DOCUMENT 神が舞い降りる瞬間 〜鬼束ちひろ・22歳の素顔〜」が放送される。

3月10日 オフィシャルサイトの登録メンバーを対象に抽選で招待となったライブ「SPECIAL LIVE presented by VISA International」を行う。招待制ライブは自身初。後にテレビ朝日でもライブの模様が放送される。

5月23日 フジテレビ系「笑っていいとも!」に出演。テレビ朝日系「ミュージックステーション」にも出演し、同日に2つの生放送番組に出演する。

8月5日 朝日放送の企畫「SOUND RENAISSANCE」と連動して、クラシック音楽家・歌手以外では史上初めて、大阪のザ・シンフォニーホールにて、ライブ『UNPLUGGED SHOW '03』を行う。

8月29日には東京サントリーホールで同公演を行う。

8月10日 聲帯結節手術に伴う休養のため、年內の活動を休止すると発表する。10月に予定されていたイベントライブも中止となる。

10月29日 山口百恵の往年のヒット曲「いい日旅立ち」をカバーした9枚目のシングル「いい日旅立ち・西へ」発売。作詞作曲者の谷村新司が詞をリメイクしている。谷村のラブコールにより実現したもので、引退した山口百恵(現姓・三浦)も太鼓判を押したという。JR西日本のイメージソングとしてCM等で放送される。

11月26日 10枚目のシングル「私とワルツを」を発売。東芝EMI時代最後のオリジナル作品となる。

2004年

鬼束千尋鬼束千尋

3月17日 これまでにリリースされた全10枚のシングルをボックスセットにした「シングルBOX」を初回限定生産で発売。當初はオリジナルアルバムとDVDをリリース予定だったが急遽発売中止となり、差し替えられて本人の関與なしで発売される。

4月3日 MELODY STAR RECORDSとのマネジメント契約終了。1ヶ月遅れの5月29日にMELODY STAR RECORDSのサイト上で正式発表。

6月18日 所屬事務所をSony Music Artistsに移籍。サイト上でファンに向けてのコメントを発表。

7月23日 所屬レコード會社をユニバーサルミュージックに移籍。同時にレーベルをユニバーサル傘下のA&M RECORDSに移籍、同レーベル所屬アーティストの第1號となる。

9月20日 日比谷野外大音楽堂での、スペースシャワーTV主催の音楽祭「SWEET LOVE SHOWER 2004」に、シークレットゲストとして登場。ニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」とアラニス・モリセットの「King of Pain」(オリジナルはポリス。ライブアルバム『Alanis Unplugged』収録のカバー)をカバー、新曲「育つ雑草」を披露。ファッションも、黒髪・ミニスカート・赤いブーツ・派手なメイクとロック色を強め、裸足・ナチュラル等といった今までの路線を一変させる。

10月27日 移籍第1弾シングル「育つ雑草」発売。また、體調不良による年內の休養を発表。予定していたテレビ出演・雑誌インタビュー等も全てキャンセルする。

12月1日 ベストアルバム「The Ultimate Collection」・DVD「the complete clips」を同時発売。

2005年

1月31日 Sony Music Artistsとのマネジメント契約をわずか9ヶ月で終了。事実上の活動休止となる。

7月26日 本人が住むマンションに花束を持ち30分近くインターホンを鳴らし続ける男が現れ、警視庁渋谷署に住居侵入罪(ストーカー規製法違反)容疑で逮捕される事件が発生する。

2006年

9月10日 映畫「もんしぇん」の公開中、上映館(上野・國立博物館內映畫館「一角座」)において、玉井夕海のユニット・psalmとともにゲストライブに出演し、2004年の『SWEET LOVE SHOWER 2004』以來久々に公の場に姿を現す。映畫について「音楽も映像も美しい。そんな美意識の高い映畫は滅多にないと思います」というコメントを寄せる。

9月26日 「週刊女性自身」に関係者によるコメントが掲載される。

2007年

鬼束千尋鬼束千尋

2月20日 「ROCKIN'ON JAPAN」2007年3月號(ロッキング・オン社)誌上において、「鬼束ちひろ、シーンに帰ってくる」という見出しの記事が掲載される。翌日の2月21日にはスポーツ報知紙上でも復帰の內容が報道される。

3月17日 小林武史主催のap bankのイベント「AP BANG! 東京環境會議 vol.1」にてライブを行う。ピアノとチェロの構成で「月光」と「MAGICAL WORLD」「everyhome」を歌唱する。3月18日付の日刊スポーツ紙上でその旨が報道された他、ファンに対し「待っていてくれたファンの方にはありがとう。これからもいい曲を作って歌い続けていきます」とのコメントが掲載される。

4月1日 個人事務所であるNAPOLEON RECORDSを設立。

4月12日 新オフィシャルサイトを開設。

5月16日 音楽関係者を対象に「Welcome to everyhome -鬼束ちひろ プレゼンテーション試聴會」を開催し、「everyhome」を披露する。

5月30日 復帰作となる12枚目のシングル「everyhome」を発売。

6月1日 テレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演し、およそ4年振りにテレビ番組に登場する。フジテレビ系「僕らの音楽」でも特集が組まれ、小林武史との対談とスタジオライブが放送される。

10月31日 3枚目のオリジナルアルバム「Sugar High」から実に4年10ヶ月振りの発表となる、4枚目のオリジナルアルバム「LAS VEGAS」を発売。

11月5日 ニッポン放送「鬼束ちひろのオールナイトニッポン」が放送される。オールナイトニッポン枠でパーソナリティを務めるのは2002年3月の「鬼束ちひろのオールナイトニッポンR」以來。

2008年
4月26日 単獨公演としては2003年の「UNPLUGGED SHOW '03」以來4年8ヶ月振りに、渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて、1夜限りのプレミアムコンサート「CHIHIRO ONITSUKA CONCERT NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」を行い、新曲「SUNNY ROSE」や「蛍」等を披露する。

8月6日 坂本昌之プロデュースの下、映畫「ラストゲーム 最後の早慶戦』の主題歌に起用された14枚目のシングル「蛍」と、ライブDVD『NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」を同時発売。

9月26日 2002年の「CHIHIRO ONITSUKA 'LIVE VIBE' 2002」以來約6年振りの全國ツアーとして予定されていた「CHIHIRO ONITSUKA CONCERT TOUR 2008 "VEGAS CODE"」の全5公演が、極度の疲労による體調不良のため中止になったことが所屬事務所より発表される。これにより年內の活動を休止する。

2009年

3月13日 公式サイト上で活動再開を発表。

5月20日 復帰後初となる15枚目のシングル「X/ラストメロディー」を発売。公式サイト上で16枚目のシングル 「帰り路をなくして」の発売を発表。

4 鬼束千尋 -個人榮譽

2000年 2月發行首之單曲『Shine』
2000年 搭配日劇『圈套』發行第二支單曲『月光』
2000年 11月發行『牢籠Cage』 

5 鬼束千尋 -專輯簡介

鬼束千尋鬼束千尋

唱片名: Insomnia
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2001-3-1
  公 司: Toshiba EMI
  流 派: pop/Pop
  唱片名: 眩暈-edge(日本版)
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2001-2-1
  公 司: Toshiba EMI (JP)
  流 派: pop/Pop
  唱片簡介: 綜觀全張專輯風格,縈繞著悠揚舒緩的曲風,涵蓋抒情小品,清新民謠,新世紀音樂,鄉村音樂,靈魂福音等成熟樂風,鬼束千尋那神秘卻充滿魔力的嗓音,認真詮釋純質樂音且詞義深遠的每一樂章,在在地撫慰聽者的心靈深處.一張最適合失眠時分聆聽的專輯,鬼束千尋的棗《失眠》.

唱片名: 感染-愛情槍手(海外版)
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2001-9-1
  公 司: 百代唱片
  流 派: pop/Pop
  唱片簡介: 這是"鬼束千尋第二樂章"的開端.也是繼大破百萬專輯"失眠"之後又一令人期待的驚世之作.勢必再度在樂壇掀起一股鬼束風潮!! 1.Infection~名編曲家-羽毛田丈史,率領御用交響樂團-image再展編曲功力.澎湃無限的氣勢,壯大感人的樂章足以媲美"月光".鬼束千尋承受力十足的嗓音,再度釋放脆弱的靈魂

唱片名: Sugar High (初回版)
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2002-12-1
  公 司: Toshiba EMI (JP)
  流 派: pop/Pop
  唱片簡介: 兩年前出道的新生創作型歌手鬼束千尋推出了第三張專輯《Sugar High》,較早前她因工作太忙碌,整整暫別歌壇九個月.這九個月來,鬼束千尋神秘又低調,完全消失在日本的影劇圈,休息過後,重回工作的她一改過去的玉女形象,呈現截然不同的反差視效,讓歌迷大大的吃了一驚.

唱片名: Sign
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2003-5-1
  公 司: Toshiba EMI (JP)
  流 派: pop/Pop
唱片名: Beautiful Fighter
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2003-8-1
  公 司: Toshiba EMI
  流 派: pop/Pop
唱片名: Iihi Tabidachi Nishi e
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2003-10-1
  公 司: Toshiba EMI
  流 派: pop/Pop
唱片名: Watashi to Warutsu wo (日本版)
  專輯語種: 日語
  發行時間: 2003-11-27
  公 司: 未知
  流 派: pop/Pop
  專輯:SHINE
  風格:pop
  公司:東芝 EMI
  時間:2000
年僅20的鬼束千尋,她的出現帶給日本樂壇莫大震撼,原因在於她充滿神秘色彩的形象與他人無法取代的創作風格.個性有些沉默寡言的她,不會去迎合毫無興趣的事物或話題,但對於自己專註的事物總是全力以赴.她的音樂常常是發自內心潛在的本能,那毫無算計過的曲風,讓人深深感動難以忘懷.尤其是她總是能建構出詩一般的詞境,擁有突破任何世代的魔力,更充滿慈悲的包容力,瞬間在日本樂壇建立起獨一無二的鮮明形象.
"Shine"是鬼束千尋進軍樂壇的首支單曲,這支單曲的發行可說奠定接下來第二支單曲"月光"大紅大紫的成功基礎.宛如她身上所散發出的神秘氣氛一般,"Shine"整首作品的結構也是充滿一股讓人難以抗拒的吸引力,中板抒情曲風的旋律配上她冰冷中充滿包容力的嗓音,諸如所有詞曲創作者一樣,"Shine"這支處女作品亦是代表她在樂壇所有一切的開始.這位堪稱21世紀的日本神派歌姬,她那迷一般的神秘風格,教你一聽就上癮.
 

鬼束千尋鬼束千尋

 曲目:
  01 Shine
  02 Back Door
  03 Shine (Inst.)
  專輯:月光
  風格:pop
  公司:東芝 EMI
  時間:2000

  年僅20歲的日本神秘派歌姬鬼束千尋,2000年2月發行首張單曲Shine以來,受到了日本大小媒體矚目,"月光"是她搭配日劇"圈套"發行的第2支單曲,於日本2000年8月發行后,至今盤旋日本ORICON榜長達數月之久,銷售也一路攀登突破50萬張大關,成為今年"後勁最猛"的暢銷單曲.
  鬼束千尋走紅的原因,在於她充滿神秘色彩的歌喉與創作風格.個性有點沉默寡言的她,不會特別去迎合自己毫無興趣的事物或話題,但對於自己有興趣的事物或話題總是以全力以赴.就像現在她在歌壇唱歌一樣,藉由發揮自己內心潛在的本能,她那毫無算計過的曲風,讓人深深感動難以忘懷.尤其是她的建構出詩一般的詞境,擁有突破任何世代的魔力,更充滿慈悲的包容力."我想做的就是震撼所有人的歌!"她這麼說.這位堪稱21世紀的日本神秘派歌姬鬼束千尋,她那迷一般的神秘鬼魅,教你一聽就上癮.
  專輯:Cage
  風格:pop
  公司:東芝 EMI
  時間:2000

  日本神秘派歌姬鬼束千尋,2000年二月發行首張單曲Shine以來,受到各大媒體矚目,尤其單曲"月光"搭配日劇"圈套"主題曲,於去年八月發行后,如倒吃甘蔗般一路突破50萬張大關,成為2000年"後勁最猛"的暢銷單曲.鬼束千尋走紅的原因,在於她充滿神秘色彩的形象與他人無法取代的創作風格,個性有些沉默寡言的她,不會去迎合毫無興趣的事物或話題,但對於自己專註的事物總是全力以赴.她的音樂常常是發自內心潛在的本能,那毫無算計過的曲風,讓人深深感動難以忘懷,尤其是她總是能建構出詩一般的詞境,擁有突破任何世代的魔力,更充滿慈悲的包容力,瞬間在日本樂壇建立起獨一無二的鮮明形象.
  "牢籠"是鬼束千尋個人出道第三張單曲,一改前單曲"月光"所走的慢板抒情路線,是一首大膽詮釋中拍節奏路線的作品.它的編曲緊湊,流暢感十足的鋼琴聲,教人如臨懸疑劇情中的緊張氣氛.當然,鬼束千尋詮釋歌曲中所散發出她獨有的世界觀和扣人心弦的歌聲,在本作品中也緊緊捉住所有樂迷的心不放.這位堪稱21世紀的日本神秘派歌姬,她那迷一般的神秘風格,教你一聽就上癮.
  曲目:
  01 Cage
  02 Ash on this road
  03 Cage (Inst.)
  專輯:流星群
  風格:pop
  公司:東芝 EMI
  時間:2002

  被唱片公司喻為2001年的大賣新人王,鬼束千尋也的確實至名歸!她之所以受到各界討論的原因,在於那神秘形象與別人無法取代的創作風格.她的音樂來自內心潛藏的本能,那毫無算計過的曲風,令人深深感動難以忘懷.尤其她總是能建構出詩一般的詞境,擁有貫穿任何世代的魔力,卻又充滿慈悲的包容力,於是在日本樂壇建立起獨一無二的鮮明形象.去年鬼束千尋首張專輯----"失眠"暢銷130萬上以上,成為去年樂壇的新人王!
  繼上支雙A面單曲"感染/愛情槍手"一樣開出長紅后,鬼束千尋逾2002年發行最新單曲"流星群",這首歌與當初讓鬼束千尋一炮而紅的單曲"月光"一樣,再度搭配日劇"圈套第二集"的主題曲.抒情曲風的縈繞,與鬼束千尋令人津津樂道的獨特歌詞世界兩相烘托之下,充滿了再度HIT的預感.
  "流星群"這首單曲是鬼束千尋出道后的第六張單曲.最值得注意的地方是,鬼束千尋此次的創作脫離了之前比較悲傷的曲調,並以過去習慣的"第一人稱"為寫歌主體,變成采"第三人稱"的客觀方式描述她所希望勾勒出的情感與人生.以往唱歌時高亢激昂的吶喊,這次改用平穩的音符帶動一種如同聖歌般灑落沉穩的聲音.相信聽慣了鬼束千尋音樂的激昂高亢,在進入新年度之時,聽聽轉變以後,鬼束的溫柔之聲唱出歌曲,也能感受到音樂帶來的溫暖吧.
  曲目:
  01. 流星群
  02. Fly to me
  03. 流星群(演奏版)
  專輯:Everyhome
  風格:pop
  公司:ユニバーサルミュージック株式會社
  時間:2007年05月30日
  鬼束ちひろが帰ってきた!約2年7ヶ月ぶりのNewシングル遂に発売!
  その聲はまさに<ワン・アンド・オンリー>、圧倒的な存在感を放つ鬼束ちひろ。
  活動再開が強く望まれてきた彼女が、ついにNewシングルをリリース!
  小林武史のプロデュースにより、現在レコーディング進行中。
  3/17(土)にはイベントに出演し、活動再開を待ち続けたファンで埋め盡くされた會場を一瞬にして魅了!この模様はワドショー等で大きく報じられました。
  シングル収錄曲「MAGICAL WORLD」「everyhome」を歌い既に披露済み!一大ヒットになること必至!

上一篇[奧克蘭碼頭大樓]    下一篇 [資本]

相關評論

同義詞:暫無同義詞