標籤: 暫無標籤

「Vlidge」——「絕代雙V」是由兩位能獨立創作的大男生,一位叫做Kiichi(Kiichi Kamigaki)

  
Vlidge

1 Vlidge -基本情報

成員:

  KYU

  本名:坂本 優(SAKAMOTO MASARU)

  出身地:大阪

  生日:1973.1.13

  血型:A型

  KIICHI

  本名:神垣 喜一(KAMIGAKI KIICHI)

  出身地:廣島

  生日:1972.1.25

  血型:A型

  「Vlidge」——「絕代雙V」是由兩位能獨立創作的大男生,一位叫做Kiichi(Kiichi Kamigaki)1972年生,崇拜功夫明星成龍,手上擁有3000多張黑膠唱片的收藏,而音樂的啟發來自於邁克爾傑克遜;另一位則是Kyu(Yu Sakamoto) 1973年生,喜歡踢足球,珍妮傑克遜的「Rhythm Nation 1984」是他整個音樂觀的原點,留著一頭讓大家忍不住會多看一眼,但他覺得能帶來好運的「拖把頭」髮型。

  這兩位除了都有堅強的創作能力之外,也突破了以往團體只有一位主唱的形式,兩個人都是能夠擔任主唱的實力派份子!當初Kiichi與Kyu兩人相識於大阪的迪斯科舞廳,可是僅止於互相照面而已.之後兩人再度相遇於Kiichi在東京的個人表演秀上,兩個人都覺得「不管是跳舞、唱歌還是rap,都必須要融入自己的風格……」這樣相同的理念沒想到讓兩個不熟識的人一拍即合,於是實力派R&B團體絕代雙V就這樣誕生了!

  這個組合的名字「絕代雙V」,原本組合的日文名字叫「Vlidge」,當他們的唱片要在亞洲市場正式發行時,唱片公司曾為了要幫他們日文團名「Vlidge」取中文名字而傷透腦筋.當時取名為「Vlidge」是兩人以Bridge(橋)這個英文字為概念而來,因為Bridge這個字象徵了兩個人因為音樂而結合在一起,而Vlidge的「V」則期望這個團體一出擊,就能有勝利(victory)的好成績,因此唱片公司最後終於敲定以「絕代雙V」這個代表突破現有R&B意義的中文團名介紹給亞洲歌迷們認識。

  Vlidge(絕代雙V)的歌都很溫馨,比Chemistry更早出道卻沒有達到預期的聲援,但在日本積累起來的固定飯也不可小覷,甚至有專門的團體模仿他們,而且D-51也是他們的粉絲,Kiichi也長給其他歌手提供歌曲。Kyu和Kiichi的嗓音十分出位。他們的音樂定位於R&B,HIP-HOP和JPOP,整個來說,還是走街頭嘻哈風的。 既不如Chemistry的細膩,又不及HOME MADE家族的強硬,介於兩者之間,使得他們的特點呈現出模稜兩可的態勢,於是樂迷的耳朵也變得曖昧混淆。TOSHIBE EMI的宣傳也一度疲軟,可能只將眼光投放在了日本市場。

2 Vlidge -專輯全記錄

-Vlidge專輯全記錄-

  錄音室專輯:

  1. 2001.02.21 「Everybody Needs Love」 TOSHIBA-EMI

  2. 2001.11.21 「Vlidge Ⅱ」 TOSHIBA-EMI

  3. 2003.02.26 「Your Life?」 TOSHIBA-EMI

  4. 2004.09.01 「Big Leaves」 E.N.L

  5. 2007.12.19 「Hip Hops」 G-Note

  6. 2008.07.02 「KICK☆STAR」(Mini Album) G-Note

  精選輯:

  1. 2003.08.27 「Perspective」 TOSHIBA-EMI

  DVD特輯:

  1. 2003.08.27 「Revision」 TOSHIBA-EMI

  2. 2005.05.29 「HYBRID」(CD + DVD)

  3. 2008.09.24 「KICK☆STAR super edition」(CD + DVD) G-Note

  Live特輯:

  1. 2005.10.12 「Everybody Needs Live !!」 E.N.L

-Vlidge單曲全記錄-

  1. 2000.06.28 「Everybody Needs Live」 TOSHIBA-EMI

  2. 2000.10.25 「You See...」 TOSHIBA-EMI

  3. 2001.07.18 「LOOKIN' FOR LOVE」 TOSHIBA-EMI

  4. 2001.10.17 「serendipity」 TOSHIBA-EMI

  5. 2002.11.13 「CHOO☆CHOO☆TRAIN」 TOSHIBA-EMI

  6. 2003.01.29 「Be With」 TOSHIBA-EMI

  7. 2003.08.16 「one sense」

  8. 2004.04.01 「GET ROUGH」 (NVKK-0001)

  9. 2005.02.02 「BRIDGE / Don't look back remix feat.RECALL」 E.N.L

3 Vlidge -歷 程

  ■2000■

  東芝EMIより「Everybody Needs Love」でデビュー。全國10局のFMでパワープレイを獲得し、

  限定で発売したアナログレコードも発売一周間で完売。

  そして2ndシングル「You See...」は、オリコンでも約二ヶ月強チャートインするロングヒットとなる。

  渋谷のクラブイベントや、「HEY HEY HEY」や「MUSIC STATION」といったメディア出演、年末にはNORTH WAVEのカウントダウン

  イベントに參加するなどといった活動を精力的に展開していく。

  ■2001■

  1月に1stアルバム「Everybody Needs Love」のコンベンションLIVEを行い、

  人數制限がかかる程の盛況ぶりで2001年を迎え、アルバムはオリコン初登場16位を記錄する。

  その勢いに仱輟⑷??ケ所で行った「アルバム購入者特典ライブツアー」は3000人を動員。

  大盛況でVlidge初のツアーを終えた。

  3rdシングル「LOOKIN' FOR LOVE」はオリコン初登場29位を記錄し、

  松下由樹主演ドラマ「フレーフレー人生」のエンディングテーマに採用される。

  そして8月にツアー「Vlidge SUMMER LIVE 2001」を東京、名古屋、大阪で行い、3000人以上を動員。

  その後4thシングル「SERENDIPITY」、そして2ndアルバム「Vlidge II」をリリース。

  12月から始まり、翌年1月にまたぎ行われたツアー「Vlidge WINTER PARADISE」は、全國8都市で6000人を動員。

  ■2002■

  2001年12月から行われていたツアーを大盛況のうちに終える。

  「SERENDIPITY」は香港のトップスター、ケリー、チャンの弟ビクター、チェンにカバーされ、香港で発売される。

  また個人の活動としては、GASCRACKERZのシングル「Calling you」にKiichiがフューチャリングで參加。

  その後リリースされた5thシングルは、ZOOの大HIT曲のカバー「CHOO☆CHOO☆TRAIN」。

  またこの年には2人の音楽活動のベースとも言える、クラブイベント「CAMP」を渋谷NUTSにて主催する。

  ■2003■

  年明け1月に6thシングル「Be With」を、続けて翌月には3rdアルバム「YOUR LIFE?」をリリース。

  その後自らの音楽を更に突き詰めるべく、枠にとらわれない新たなスタンスでの音楽活動を開始。

  7thシングル「one sense」は、そのスタイルを示すような楽曲となる。

  8月には、デビューから6thシングル「Be With」までの全PVやライブ映像などを含むVlidge初のDVD

  「Revision~Vlidge The History~」をリリース。同時にベストアルバム「Perspective~Vlidge The Best~」も発売。

  そしてライブ活動では、都內クラブをはじめとする様々なイベントでゲストとして出演し、

  8月の「Vlidge SUMMER PARADICE」を熊本、10月「Bridge」を東京、11月「Sky High」を大阪、

  12月「Bridge 2nd Session」を東京で行い、これらのワンマンライブも各會場とも大盛況のうちに終えた。

  ■2004■

  2004年には「E.N.L ENTERTAINMENT」を立ち上げ、シングル「GET ROUGH」をリリース。

  春には全國8箇所、9公演の全國ツアー「Vlidge Spring Tour 2004 BIG LEAVES」を敢行。

  そして9月には通算4枚目、獨立後初となるファン待望のニューアルバム「BIG LEAVES」をリリース。大手CDショップのインディーズチャートで14位を獲得。また、総合チャートでも上位に食い込み大健闘を見せた。

  それらの製作活動、リハーサルの中、雑志やラジオ、イベントでのゲストライブ等プロモーション活動も精力的に行う。

  その勢いに仱脛小?0月からはNEWアルバムを引っさげ、「Vlidge BIG LEAVES Tour 2004 ANYWHERE」を全國9箇所で開催。各地大盛況で終える。

  ■2005■

  2005年10月~11月に行われた全國ツアーを最後に1年間活動を休止。

  ■2007■

  2007年6月より活動を再開する。

上一篇[不綺語]    下一篇 [Transfer]

相關評論

同義詞:暫無同義詞